有難うございました

5月1日に旅立ちました 義母『花』に頂きました追悼のお言葉、その優しさに心よりお礼申し上げます。
とても厳しくそして本当に優しい人でした。そして、いつも冷静で的確な判断ができる大人の女性でした。
どう頑張っても同じにはなれませんが、いろいろと受け継いたものに、真摯に向き合いながら進めて行く
所存です。今日アメリカに帰って行かれるお嬢様に『何か書いていれば、気も紛れるし、別の考え方も
見えるかもしれない。その為の写真を撮りにいくのも、大きな気分転換になる。それでも気が晴れない時は
皆に会いに、2~3週間でも遊びにおいでよ』と言っていただけたのが、とても有難かったです。それで
少し元気が出てきたような気がしています。時々、拙い文章を見にきていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


P1180264.jpg


P1180274.jpg


P1180281.jpg


スポンサーサイト



コメント

コメント(12)
お早うございます。
久美さま(間違えていたらゴメンナサイ)
ブログ再開ありがとうございます。
哀しみの中にも少しホッとしています。
引き続き読ませていただきたいと思いますので、
どうかよろしくお願いいたします。

リュウ

2024/05/11 09:51 URL 編集 返信
はじめまして
お義母様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

久美さん、少しは落ち着きましたか?
花さんに大変お世話になった者です。
それに、心より敬愛しておりました。

私事で申し訳ないのですが、花さんの訃報を知った時は、堤防が決壊し内なる洪水が起きてしまいました。
あれから10日余り過ぎ、少しずつ落ち着いてきたところです。
久美さんは実務的なこともあり精神的にも大変だったと拝察します。
でも、アメリカのお嬢さまの仰る通り、何か書いていれば気も紛れるし、また気持ちの整理にもなると思います。

無理はしないでください。
気が向いたときに、書ける範囲のことを綴ればいいのです。

これからも宜しくお願い致します。
会ったことはないけれど、久美さんは一人じゃありませんよ。

カロン

2024/05/11 10:00 URL 編集 返信
こんにちは~☆
花さんが旅立たれてもう10日も経ったのですねー
謹んでお悔やみを申し上げますとともに 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

久美さん 初めまして・・・?
花さんを通して前からの知り合いのような気がしています。
このブログは亡きkenさんから花さんへそして久美さんへとリレーされてきました。
こういうブログって珍しいですが 花さんらしいなぁ・・と。
人との出会いや縁や繋がりを大切にされた方だったんですね。
そして久美さんもそう言うお方なのでしょう。

星の数ほどもあるブログの中から出会った奇跡なのですよねー
これからもよろしくお願いします。

★いろは

2024/05/11 11:15 URL 編集 返信
謹んでお悔やみ申し上げます。
こんにちは。

お嬢様のおっしゃられたことが、お母さまの花さまに重なりました。

そして、そうです。
カロンさんが書かれておられる通り、
久美さんは一人じゃありません。

ブロ友さんの中には植物にとても詳しい方々がおられます。
お写真とても素敵です。

これからも、ご一緒にどうぞよろしくお願いいたします。

うばゆり3

2024/05/11 15:11 URL 編集 返信
久美
リュウさまへ
有難うございます。
これまで、自分でなにかを書いて公表することがなかったので、恥ずかしくもあります。
どうしようか悩みましたが、必ず気分転換にもなるし、知らなかった事、気ずかなかった事を知る機会だと
勧められていましたので、思い切って書くことにしました。
これからどうぞ宜しくお願いいたします。

久美

2024/05/11 16:40 URL 編集 返信
久美
カロンさまへ
もう少しくらい居てほしいと思っていましたのに・・・寂しく、残念で仕方がありません。
何かやっていると、すぐに忘れるから大丈夫よ!など仰っていましたが、そんな事できるはずもありません。
気がつけば、涙で前が見えなくなっているのです。これではいけないのですが・・・。
お嬢様は、そんなに泣いたら脱水状態になるわよ、と仰ったのですが、ご自分も泣いておられました。
どれくらいの頻度になるか分かりませんが、頑張ってみようと思います。
拙い文章で、読みにくいかと思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

久美

2024/05/11 16:50 URL 編集 返信
久美
★いろはさまへ
お悔やみ有難うございます。
時が経つのは、本当に早いなと思います。
何をやっていても、ふっとお顔が浮かんでくるのです。呼ばれる声が聞こえた気もします。
お部屋に飛んで行って、間違いだったと・・・。
居るべき人がそこに居ないって、苦しいことだと思っています。
繋ぐことは大切なことだと聞いたことがあります。
私は、小太郎君のお写真が大好きです。動物は好きなのですが、忙しくしていると
散歩が必要な犬を飼いたいとも、お互いに言えなくて。
どうぞ、この先宜しくお願いいたします。

久美

2024/05/11 16:58 URL 編集 返信
久美
うばゆり3さまへ
ご訪問ありがとうございます。
本当に、親子は似るとはいうものの、花様の血はしっかりお嬢様に受け継がれていると感じます。
短期間ですが、一緒に居る間は安心感が持てました。
今日から一人になってしまった不安で、圧し潰されそうです。
時々、泣き言を書いてもいいですか?
面白いブログにはならないと思いますが、できるだけ早く元に戻るよう頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

久美

2024/05/11 17:09 URL 編集 返信
私達だって泣きたいんですもの
泣き言大丈夫ですよ。

私は歌を歌ってなんとか平常心を保ちましたが、
涙涙でした・・・
ご家族ならば、もう当然です。

悲しいものは悲しいです。

皆様、きっと受け止めてくださると思います♡

うばうり3

2024/05/11 17:59 URL 編集 返信
花様の短歌
こんばんは
2020年頃 ブログで交流していたときに、
珍しく花様が短歌をつくってくださいました。
そのときのブログの記録はもうありませんが、
花様の短歌をノートにメモしてありました。
懐かしいのでお知らせいたします。

いそいそと食事会へと吾行かむ疲れ果ててもなお笑顔かな(9/6)

建物を包み込んでは鮮やかに明日への希望ともに待つ夕(10/9)

リュウ

2024/05/11 22:58 URL 編集 返信
久美
うばゆり3さまへ
すみません、つい、弱音をはいてしまいました。
今日は午前中に、旧住所の町内会の方数名と、神社の方、氏子代表の方がおこし下さって
励まして下さいました。いつでも遊びにおいでよというお言葉が嬉しくて・・・。
午後からは、母子家庭の方々もおみえになるそうです。休日出勤のお母さんは、子供が代理だそうです。
子供たちを見たら、よけい泣けてきそうです。会うのがドキドキします。
でも、頑張らなくちゃ、ですよね。

久美

2024/05/12 12:23 URL 編集 返信
久美
リュウさまへ
こんにちは。
そういう事があったなんて、まさか!という思いです。
日本語は難しいからね、短歌など遠い世界の話よ、と笑っておられました。
わざわざ、お知らせいただき、本当に有難うございます。大切にします。

久美

2024/05/12 12:27 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント